民進党を離党して無所属へ

私、水戸将史は昨年10月の総選挙に不出馬という判断をして、その後、民進党所属の総支部長という立場で活動を展開してまいりました。

 

この度、民進党と希望の党が合流するという形で新たに「国民民主党」を結成するに至りましたが、ここには参加しないことに致します。現時点では野党自体の軸が定まらず、バラバラに存在し、これでは却って政権与党を利するだけですので、しばらくの間、じっくりと成り行きを見守って参ります。

 

我が神奈川県第5区総支部でも、とりわけ来たる統一地方選挙では、野党が立憲民主党と国民民主党に分かれて同じ選挙区で戦うことも予想され、何とか不毛な戦いだけは回避しなければなりません。その為には、自らその橋渡し役となって取りまとめていきたいとの思いもございます。

 

何卒、我が微衷をお汲み取り頂き、今回の決断について今後ともご指導ご鞭撻賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

前衆議院議員 水戸まさし

平成30年2月26日

ニューフロンティア倶楽部の発足について挨拶をした水戸まさしと会長の四十万靖氏。

水戸 まさし 新着情報

水戸まさし kickoff通信 最新号

kickoff通信 2018年 5月号

前衆議院議員の水戸まさしです。私が20年以上前から主催をしている『ニューフロンティア政経会』という政治団体があります。政治団体なので政治色が強く、中々参加したくても参加しづらいという方がいらっしゃいました。今回、その敷居を全て取っ払って超党派にし、会の趣旨つまり私がこれから目指す「人材大国」というテーマを多くの方にご理解いただき、この会に集まって頂き、そしてお互いの研鑽を積み交流を通じ、自らのビジネスの発展にもつなげて行きたいという趣旨で、『ニューフロンティア倶楽部』を開催させて頂く事になりました。

ニューフロンティア倶楽部を通じて、定期的に研修会を開催をしたり、フォーラムや講演会を開催しまた、視察を行います。これらを通じてより人材育成・教育というものが、どういう形で全国的に取り扱われているのかを確認し、その地域性も考え、自らの研鑚も積んで行きたいと思っています。

是非『ニューフロンティア倶楽部』にご入会頂き、そしてこの会を通じて様々な形で飛躍の活躍の場にさせて頂きたいと思っています。

皆さまの振るってのご参加を心待ちしています。

よろしくお願い申し上げます。

 

KICK OFF 通信最新号を、更新しました。

こちらでご覧ください。
kickoff 2018.5月号1面.pdf
PDFファイル 535.8 KB
kickoff 2018.5月号2面.pdf
PDFファイル 177.8 KB

◆水戸まさしkickoffメルマガ「百術一誠」◆配信しました。

メルマガ KICK OFF 通信最新号を、更新しました。

こちらでご覧ください。

第57号   2018年5月1日

ゴールデンウイークの真っ最中で、休暇を楽しんでおられる方も多くいらっしゃると思います。4月に入り25度以上の夏日になったのは9回もあり、この連休中もかなり高温になりますので、くれぐれもご注意をされて下さい。

 

ところで、先日の歴史的な南北会談が行われ、南北首脳が談笑し合うシーンを何度もご覧になったことでしょう。今後3~4週間以内に米朝会談実現して、核開発放棄のみならず核撤去まで話が及ぶかは予断の許さない状況であると、報道各社も一斉に報じておりますね。(トンプ大統領がノーベル賞を意識している像はちょっと滑稽に見えましたが ・・・)

 

そんな中、我が日本に対して北側は冷ややかな態度を取り続けているようで、現時点では韓国および米国を通じて、我が国の意思というものを金正恩氏に伝えるしか術がありません。日本外交の至らなさと批判を受けておりますが、やはりこの際、利用できるものは何でも利用し、早期に拉致文段にも一歩踏み込むべきと思れます。そのために、日本として相手にどの程度の譲歩が妥当なのかも独自に模索する必要あります。

 

いずににしても、連休明け以降、東京にて日本・中国・韓国の首脳会談も開催されますので、北側を意識した調整の場としてホスト国がどんな采配を振るうことが出来るでしょうか。まさに今、日本外交の真 価が問われる場面がやってきます。