水戸 まさし 新着情報

◆水戸まさしkickoffメルマガ「百術一誠」◆配信しました。

第59号   2018年6月15日

メルマガ KICK OFF 通信最新号を、更新しました。

こちらでご覧ください。

 

梅雨シーズン、いかがお過ごしでしょうか。くれぐれもお身体にお気を付ください。さて、13日の米朝会談を皮切りにして、どんな展開がなされるのか、国際社会においてもそして我が日本にとりましても、大きな関心事であります。

 

そもそも今年の平昌五輪を契機に、何故、北朝鮮側が南北融和を図るアクションを起こしてきたのでしょうか。あれからバタバタっといく形で、南北会談がセットされ、さらに今まで罵り合っていた米朝首脳レベルの会談に至りました。しかし今の段階で、北側の真意をはっきり把握できている人はいるのでしょうか…?

 

金委員長ってどんな人物なのでしょう。始終ニコニコ顔で良い印象を持たれているようですが、仮面の裏にはまた別な表情が隠されているかも知れませんね。今後、日朝トップ会談も実現して、拉致問題解決に一定の道筋を作れれば幸いです。しかし今から、それに対する代償も相当高くつくことも指摘されております。

 

何だ、結局はお金次第なのか…。聞き入れることが出来る要求には柔軟に対応しつつも、北朝鮮の姿勢に対して、それが具体的に進められるまで毅然とした態度を一貫して取るべきです。期待と不安交じりの綱渡りが続きます。

 

 

今後、舞台は「検察審査会」に移ります。法律の専門家よりも、一般の国民が見て「おかしい」「間違っている」と思われることは、「起訴すべきだ」ということになりましょう。制度上、11人の審査員の8人以上の判断が求められますが、今後の推移をしっかり見極めていかねばなりません。

 

前衆議院 水戸 まさし

 

水戸まさし kickoff通信 最新号

kickoff通信 2018年 6月号

KICK OFF 通信最新号を、更新しました。

こちらでご覧ください。
kickoff 6月号1面 .pdf
PDFファイル 518.9 KB
kickoff 6月号2面 .pdf
PDFファイル 169.6 KB

前衆議院議員の水戸まさしです。私が20年以上前から主催をしている『ニューフロンティア政経会』という政治団体があります。政治団体なので政治色が強く、中々参加したくても参加しづらいという方がいらっしゃいました。今回、その敷居を全て取っ払って超党派にし、会の趣旨つまり私がこれから目指す「人材大国」というテーマを多くの方にご理解いただき、この会に集まって頂き、そしてお互いの研鑽を積み交流を通じ、自らのビジネスの発展にもつなげて行きたいという趣旨で、『ニューフロンティア倶楽部』を開催させて頂く事になりました。

ニューフロンティア倶楽部を通じて、定期的に研修会を開催をしたり、フォーラムや講演会を開催しまた、視察を行います。これらを通じてより人材育成・教育というものが、どういう形で全国的に取り扱われているのかを確認し、その地域性も考え、自らの研鑚も積んで行きたいと思っています。

是非『ニューフロンティア倶楽部』にご入会頂き、そしてこの会を通じて様々な形で飛躍の活躍の場にさせて頂きたいと思っています。

皆さまの振るってのご参加を心待ちしています。

よろしくお願い申し上げます。