21日 11月 2017
いよいよ平成が終焉することについて現実味を帯びてきました。来月1日に皇室会議を開催して、陛下の退位と皇太子さまの即位に伴う新元号施行期日を話し合うことになりそうです。昨年からいろいろと取り沙汰されいた時期につき、当初は1月1日がベストだという見方もありましたが、やはりお正月は私たちの想像以上に皇室のご関係者の公務が多忙であり、混乱をもたらすとのこと。そこで第2案として出てきたのが、年度の切り替わる時期4月1日。新聞によると統一地方選挙後の5月1日というのもあるようですが、やはり前者の方が有力となりましょう。
20日 11月 2017
今さらではないが、ようやく会計検査院があの森友学園に対して約8億円値引きされて売却されていた問題で、その値引きの根拠となったゴミの撤去費用については、充分な根拠ある数値ではないという結論を出すことが決まったようだ。となれば国交省によるゴミの推計量が課題であったことは間違いなく、政府や売却に関わった、財務省、国交省の責任を厳しく問わなければならなくなる。こんな杜撰でいい加減な行政対応は前代未聞であり、もちろん具体的に誰を対象にして、どんな処分を求めていけば良いのかということになるであろう。当時の政府関係者は言うに及ばず、安倍首相あるいは夫人そのものに及ぶか否か、改めて国会の場で追求していかねばなるまい。
19日 11月 2017
総選挙の結果が大きく反映しているのであろうか、与党自民党サイドから国会での質疑時間を巡って、今までのやり方にクレームをつけるような形で質疑時間の大幅獲得に乗り出してきた。従来の慣例としては、与党:野党の比率は2:8。これは民主党政権下のときに野党自民党が主張したことを採用したものであった。衆議院と参議院では質疑時間の配分基準が違うので一概に言えることはできないが、バラバラな野党に付け入る形でこうした傍若無人ぶりを発揮していることに断固として反対しなければならない。野党は国会の質疑において存在価値を見出せるものだから、これを極力縮めようというのは、まさ政府与党のご都合主義なにものでもなかろう。世論調査でも7割近い人たちが、今回の与党のやり口に反対を述べている。与党にとって決して良い結果をもたらさないでしょう。
18日 11月 2017
来年ロシアで行われるサッカーワールドカップ最終予選の結果が出そろいました。大陸間でのプレーオフに回った国々でも、一喜一憂の場面展開の中、最終的に勝利をものにした国にとって感極まるものであったでしょう。残念ながら、イタリアなど常連チームの敗退は大きな衝撃すら与えております。それほどまでに、サッカーは国境を超えたスポーツ、オリンピックをも凌ぐほどの祭典となっているのですね。ところで我が日本チーム、遠征を終えて得た収穫をどう活かしていくのでしょうか。本大会1次リーグ突破が第一の目標になるでしょうが、その組み合わせも注目されます。
18日 11月 2017
この週はこの事案について、どの報道もトップで扱うような騒ぎでありました。しかし少し時間が経つと、今までの流れと食い違いも見られ、何が正確なのかはよく分からないという有様です。この問題の中心にいるのは日馬富士関、後輩に当たる力士の立ち振る舞いが気に食わなかったとして、ビール瓶で殴打してケガを負わせたとあります。とりわけモンゴル力士達は、宴席での飲みっぷりは物凄い?なんていう報道もあったりして、関係者たちにもいろいろ波紋を投げかけております。折しも九州場所が開催中、神聖な相撲界における騒動には早期に真実を明らかにして、収拾を図らねばなりません。
17日 11月 2017
これは日本のことではありません。米国下院にて法人税率を36%から20%まで一気に引き下げる法案が通過しました。よくもここまで思い切ったことをやったな~、という印象ですが、トランプ大統領の意向もかなり反映されているようです。確かに以前から、米国は税率が高くても充分国際競争性があるという形で、他国がこぞって法人税を下げることについて否定的な見方をしてきた関係者もおりました。ここまで下げる背景には、お国事情がありましょうが、今後米国投資が加速化することは確実ですね。
15日 11月 2017
今日から文教委員会で、このくすぶった案件について議論が始まりました。その前の質疑時間を巡って、余りに与党の傍若無人ぶりが際立っておりましたが、全体の質疑時間を増やすことで折り合いをつけたようです。しかしそれにしても、安倍政権を揺るがすとも言われたこのお友達案件。行政文書の不備のさることながら、前川氏の登場によってその内部の状況が明るみになるなど、都議選の都民ファースト圧勝の立役者にもなりました。総選挙が終わって、与党圧勝の中でやみくもに認可に至ったこと自体、とても認めることは出来ません。野党が総合的にしっかりしなければ、与党のゴリ押しを押しとどめることは不可能となります。
14日 11月 2017
この方の心中はいかばかりか、もちろん1ヶ月半ほど前までは、こうした事態を自ら招くとは全く想像しなかったことでしょう。今まで政治の動きを私なりに見てきましたが、今回ほど浮き沈みの激しい政治劇を、多くの国民もあっけに取られて見ているのではないでしょうか。都民ファーストだって今後どうなるか分からなくなっていくのでは…誰しもそう思うでしょう。次々と所属議員の不協和音が出てくると、とても組織立って行動することが出来なくなる可能性も孕んでおります。希望から失望、そして絶望へ。玉木氏がどれだけ踏ん張ることが出来るか、既に正念場を迎えております。
13日 11月 2017
オランダで行われているスピードスケートW杯第一線は、我が日本スケート界にとっては幸先のよいスタートを切りましたね。とりわけ女子選手の活躍は目覚ましいものがありました。と言うのも、この3日間で6つの金メダルを含むメダル8個を獲得し、中には何と世界新記録まで達成しました。役3か月後に控える冬季オリンピックに際しても、この流れをもって多くの期待を集めそうです。これから本大会に向けて、何より選手たちの体調管理は不可欠でしょうし、いかにモチベーションを保っていくのか、多くの関係者の腐心が続きます。
12日 11月 2017
天気晴朗なれど波高し、そんな雰囲気漂う日曜日でしたね。ちょっと冷たい風が吹く中、晴天に恵まれ、毎年恒例の松風学園の祭りが行われました。我がライオンズクラブも毎年出店しており、その売り上げは福祉関連に寄付することにしております。今年はその実行委員長なので、朝の準備から後始末までを責任を持たなければなりません。いつもそうですが、多くの会員と皆さんと力を合わせて行事をこなしていることは誠に尊いことと思われます。今日もポップコーンや、子どもおもちゃが好評でしたね~。

さらに表示する