21日 10月 2018
時折りスーパーで買い物をする際に、値段は変わらないけれど中身が少なくなった、と感じる時があります。価格を据え置きつつも、容量を減らす「実質値上げ」に対しては、お客の目も厳しくなっていますね。サンプル調査でも、対象商品の7割が販売額そのものが落ちているという実態。負のイメージはすぐさまSNSで拡散されますので、実質値上げはすぐに気付かれてしまいます。中には容器を代えたり、値上げと同時に容量を増やしたり、メーカー側と賢い消費者との知恵比べは、当分続きそうですね。
20日 10月 2018
家族割引き、パック料金など、あの手この手で顧客を増やそうとしている携帯各社ですが、その企業努力の結果もあって、大手3社の年間営業利益は今や8千億円になります。これを「もうけ過ぎ」と、政府辺りからも批判が出ているのは、やはり海外との比較で日本は割高であるというデータ結果が出ているからです。消費支出に占める携帯通信料は、昨年度でも4.5%で月額1万4千円を超えていますから、料金値下げは願ってもないことになりましょう。さあ大手3社はどう出ますことやら~。
20日 10月 2018
貴方は肉派?それとも魚派?なんて聞かれたことはあるでしょう。もちろん肉は肉の効用がありますが、やはり魚の脂肪はコルステロールが蓄積されにくく、成人病には強いものと言われております。例えば漁村で高血圧が少ないのも、魚のタンパク質が塩分を排出する作用をするからです。この度、魚をほとんど食べない人は、食べる人に比べ、大動脈瘤などで死亡するリスクが2倍になる研究結果が出されました。味覚の秋、サンマはじめ十分魚を堪能しましょう!
18日 10月 2018
いくら派遣業が流行っていると言っても、やはり派遣社員の4割が正社員を望んでいることが、厚生労働省の実態調査で分かりました。現在、派遣で働く人の年齢層は40代前半が最も多く、中高年化が進んでおります。一方、数年前に派遣法が改正になったとは言え、なかなか特定の職場の定着率が思わしくなく、相変わらず欠員補充で済まされるケースが多いのも実態です。平均賃金は時給換算で1,363円と、5年前に比べても12円の微増に留まっております。
17日 10月 2018
東京駅構内に確かにこんな見出しでのポスターがありましたね。「障がいは言い訳にすぎない。負けたら自分が弱いだけ」というもの。これは東京パラリンピックに向けて、障害者スポーツをPRし、アスリートたちを鼓舞するよう作られたものでしたが、やはり表現につき誤解を招きかねないという批判が多く寄せられたようです。やむなく当局は撤去しましたが、いやはやセンチメンタルな問題でした。
16日 10月 2018
風疹なんて今時?という思いを持つ方も多いでしょう。しかし今年になって、昨年1年間の何と12倍に相当する患者数を数えるに至っております。その原因は定かではありませんが、特に東京、神奈川、千葉などの首都圏を中心に広がっているようです。大規模に流行になるかはしっかり見極めていかねばなりませんが、妊婦さんはとりわけ胎児への影響が懸念されるため、注意を怠ってななりません。勿論我々自身も、予防策をしっかり講じるべきでしょう。
15日 10月 2018
ふむふむ、これは頷ける面もありますね。小中学生に聞いた、好きなスポーツ選手の第1位にメジャーで活躍中の大谷翔平選手、2位に連続金メダリストの羽生結弦選手が選ばれました。女性選手としては、浅田真央選手を筆頭に、水泳アジア大会で6個の金メダルを獲得した池江選手など。その他の男性選手としては香川&本田選手、錦織選手、イチロー選手などがランクインしましたよ。どなたも3拍子揃っている、そんなスタイルが子どもたちの夢につながっていますね。
15日 10月 2018
昨今の働き方改革も相まって、先生や生徒たちの負担軽減のために、部活動に対して一定の制限を設ける動きが見られます。ところでこれも行政の縦割りなのでしょうか、部活動のうち運動部はスポーツ庁が、そして文化部は文化庁が所管しており、それぞれ指針を策定するとのこと。とりわけ吹奏楽部などの部活はそれこそ土日(全体の約半数が1日5時間以上の練習時間)もなく、練習に励んでおります。それを練習し過ぎとみるのか否か、努力と成果の兼ね合いとなると、簡単に割り切れなくなりますよね。
13日 10月 2018
自転車の事故が後を絶たない中、各都道府県でも条例によってそれを義務化すべきか否かの議論が交わされています。確かに、誤って通行人に被害を与えるケーズは年間2700件ほどあるようで、その賠償額が何千万円にも上るケースが散見されます。現在、神奈川県でも制定に向けて準備がされているようですが、さて条例の実効性がどの程度担保されていくのでしょうか。「加入に努める」ことと「加入しなければならない」では、重みが全く違ってきますよね。
11日 10月 2018
女優:北川景子さんの「まばたき」を30秒以上しないことが話題になりましたが、さて「まばたき」しないいられる時間はどの程度でしょうか?12秒間我慢できない人の、何と83%がドライアイであるという調査結果が出ました。「まばたき」出来る時間が短い人ほど、目を覆う涙腺が壊れやすいというのです。国内では6人に1人がドライアイであると言われていて、高齢、ストレス、スマホの長時間使用によって涙で目を保護する機能が低下しますので、ご注意不可欠ですね。

さらに表示する