17日 2月 2019
最近よく4G、5Gという言葉が飛び交っています。Gとは、ジェネレーション(世代)の頭文字のG。携帯電話が登場したのは1980年代。当時は、出先や移動中に電話ができるだけで驚きでしたよね。その後、携帯電話でメールやインターネットの利用が可能となり、今ではスマホで動画視聴も当たり前の時代になりました。そして、この通信システム(インフラ)と携帯端末の両方を根幹からそっくり入れ替え、大幅な通信速度向上を実現する新たな仕組み作りが行われている最中。果てさて、第5世代を制しようとする激しいバトルを見守っていくしかありません。
15日 2月 2019
昨年9月にいきなり出てきた私立大の定員抑制について。評判の良くない文科省、それもあまりに性急だったため3年後に先延ばしされましたが、改めてこの議論が沸騰してくるでしょう。地方の活性化のために、都市部に集中しがちな学生を分散する意図があると言います。しかし、そもそも地方に魅力がなければ、就職の際に都市に出ようとする若者は後を絶ちません。私大への罰則強化なんて、本末転倒まさに愚策と言えましょう。
14日 2月 2019
4k、8k時代と言われる本年。ところでこの飛び交うkって何…、これを正確に言えるのはどのくらいいらっしゃるでしょうか…。そう、kとは画面を構成する画素数のこと。2Kは横1920×縦1080=約200万画素であるのに対し、4Kは横3840×縦2160=約800万画素。つまり、同じ画面サイズなら、4Kは2Kよりも画素が4倍高密度、8kならば16倍で映像が緻密になります。もっとも画素とは、デジタル画像における色情報を持つ最小単位を表し、画素数とは1つの画像を表現するのに使用される数の総数ですね。いやはや勉強になります。
13日 2月 2019
メダルに最も近い選手と言われていた水泳の池江選手が白血病であるというにショッキングなニュースが全国を駆け巡りました。ご存知の通り、白血病は血液のがんの一種で、若い世代で罹患する割合が最も多い病気です。血液の成分中、赤血球は全身の組織に酵素を運び、白血球は病原体とたたかい、血小板は血液を固めて出血を止める働きをします。白血病は、こういった血液をつくる機構に異常が生じ、白血球ががん化した細胞(白血病細胞)となって無制限に増殖することで起こります。急性と慢性によっても違いますが、技術の進歩とともに7割以上が治癒しておりますので、今は治療に専念して、何としてもカムバックを心から期待しましょう。
11日 2月 2019
本日は、初代・神武天皇の即位日である「建国記念の日」。「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、1966(昭和41)年に定められました。我が家にも高らかに国旗を掲げましたが、日本の原点を振り返りつつ、今一度日本らしさを確認たいものです。日本の国力をどう評価するのか…?、国民の約75%が技術力と答える傾向があり、特に力を入れてもらいたい分野として、医療・健康、環境・エネルギー、防災etcを挙げております。今後の進展を期待しましょう!
10日 2月 2019
確かに街を歩いていると目立つようになりました、空き家や空き地。都市部でもこうですから、地方に行けば行くほど多くなっていくのではないでしょうか。現時点での所有者不明の土地は、推計によると全国で410万ヘクタール。このままいくと20年後には、700万ヘクタールを超えるとか。全国の耕地面積が470万ヘクタールですから、どれほど広いか分かりますね。法務省は躍起になって、所有者不明土地をなくす制度を作るようですが、果たして実効性が保てるか分かりません。
09日 2月 2019
都市鉱山って知っていますか?捨てればただのゴミでも、中身を取り出せば宝の山というもの。年間でパソコンや携帯電話、電子レンジやドライヤーに至るまで28品目が小型家電として役65万トンが廃棄処分となっています。しかしそこに含まれる金属は何と844億円だとか。あくまで試算ですが、回収した5万7千トンには約2.5キロの貴金属が含まれております。何とも頼もしい話ですが、東京オリ・パラのメダルをリサイクルで作ることが実現しそうですね。
08日 2月 2019
毎月1回程度更新されるサッカー世界ランキング。我が日本は今回のアジアカップで優勝を逃したというものの、50位から一気に27位へと急浮上しました。ところでこのランキング、各試合のポイント数は、結果(M:勝ち点は3点)と重要度(I)、対戦国の強さ(T)、大陸連盟間の強さ(C)に基づいて、M×I×T×C=Pで算出されます。日本のトップ20入りを心待ちにしましょう!
05日 2月 2019
ちょっと気が早いと思いきや、既に旅行予約サイトも慌ただしく稼働しているようです。そう、来る4月27日から5月6日までの10連休が刻々と近づいてきます。某旅行会社の調査によると、連休の過ごし方で最も多かったのは「自宅でゆっくり休む」でして全体の61%。昨今は、休日の女性は家事、男性はテレビ視聴の時間が長くなる傾向らしく、10連休を「嬉しくない」と答えた主婦は57%に上ります。さて、どんな10連休が好ましいでしょうかねえ~。

さらに表示する