教員給与が政令市負担に

自分が県議時代からいろいろと取りざたされておりました県と政令市との関係。やれ県だ、やれ政令市だと縄張り争いなんて止めて、税金を納めている住民サイドの視点から好ましい行政のあり方を模索してきました。やっと教員給与に関して、県が出さずに政令市が負担することに。もちろん国からの交付税によって補填されるでしょうが、今後学級編成や教員定数の権限も移譲されます。