早1年が経過

民主党政権最後の首相であった野田氏が解散宣言をしてから早1年が経ちました。氏の回想録から、消費増税成立させるために近いうちに解散すると宣言したことが起因となったようです。一票の格差について今回の最高裁も相変わらずの判決結果。当時の解散の条件として、選挙制度の抜本的な見直しも未だ果たされずままの現状を、氏はどう感じているのでしょう。