強行採決

やはり特定秘密保護法案については、あいまいな形を残したまま野党それぞれの反対を尻目に与党は強行採決をしました。会期末が迫ってくる中、参議院でもゴリ押しをして何とか通すつもりだからでしょう。第三者機関の設置については当然なことでして、それを何故「検討する」という日本語的な言い回しにしてしまうのか。首相が「設置します」と言えばそれで済むことなのに、相変わらずの役人的な答弁でした。