医師不足

以前からも指摘されてきている医師不足問題。これは決して過疎地域や離島などの辺境を言っているのではなく、神奈川県内でも実際に生じている問題です。そんな中、県と横浜市大が提携して医師の養成に取り組むということは朗報でしょう。県立高校からの推薦枠を設定して、医師志望の学生たちを積極的に受け入れる。もちろん一定以上の学力、意欲は不可欠で、大学を通じて人格、識見も磨いてもらいたいですね。