衆議院定数削減

相変わらずの様相を呈しております。通常国会が始まっても、定数削減に関しては与野党平行線のまま一致点が見いだせない体たらくです。昨年の参議院選挙では、安倍総理は第三者機関を作って一定の結論を得るとしたにもかかわらず今回はこれも見送り。政党間で行うこと自体、無理だし無駄な時間でありましょう。