ラージヒル

今思えば、長野オリンピックの男子団体スキージャンプでの金メダルは、4人の選手の大活躍という美談で終わりました。しかし悪天候の中、それも1回目は4位という状況からの挽回には、奇跡的なドラマがあったのでした。その際出場できなかった葛西選手が、7度目のチャレンジにて見事銀メダルを勝ち取ったのです。まさに快挙!、10代選手が目立つ中でも、最年長の意地を見せてくれました。