エネルギー計画

一昨日、政府は原発を重要電源と位置付けたエネルギー基本計画案を公表しました。その原発依存度は、可能な限り低減させるとしていますが、新増設もあり得ると含みを持たせています。確かに、原料、電気料金、景気といった目先のことを考えれば、即原発ゼロとは言えないまでも、2030年代までに廃止することを国の基本政策とすべきです。次期国政選挙の争点は、やはりこれに集約していくことになりましょう。