反知性主義

昨今、反知性主義という言葉が使われだしているのをご存知でしょうか。時折、一部の政治家や、社会的な地位のある者が不用意な発言をして、それが国内外に様々な波紋を投げかけていることへの警鐘とも捉えられます。「自分が理解したいように世界を理解する」という、独善的な姿勢を重視する傾向に対して、一定のブレーキをかける意義も考えていかねばなりません。