市長選を終えて

孤軍奮闘ではありませんが、大阪都構想に向けてひたむきに走る橋下市長には、様々な意見が寄せられています。取りあえず信任を得たということで、住民投票にまでこぎ着けようとするでしょうが、これに対し議会野党側は反発を強めることは必至でしょう。そこをどう切り開いていくか、まさに市長の真価が問われることになります。衰退していくかも知れない大阪を救えるのは体制を変えることなのか、これは壮大な実験なのです。