記者会見

渦中の人、ユニットリーダーの小保方さんが久々に人前に出て記者会見に臨まれました。本人からのお詫びの言葉と釈明は、それを見ている側に却って気の毒感を持たせたと思います。ただ残念なのは、最も関心の的であるATAP細胞が実在するのか否かに関し、明確な証拠が出されていないことです。理研の体質も垣間見られるようで、双方ともすっきりした結果を公表することを望みます。