日米貿易交渉

オバマ大統領が来日している、まさにこの時点でも日米のTPP交渉が断続的に行われています。平たく言えば、お互いの輸出入品目の関税をどれだけ下げることができるかにつきます。自公政権は選挙の際の公約もあり、農業団体に対する借りもあるので、なかなか踏み切れない状況です。日本農業が自ずと衰退の一途を辿っていることからして、TPPを農業改革の最後のチャンスと捉えなくてはなりません。