駆けつけ警護

駆けつけ警護については、民主党政権時でも容認する方針を打ち出していましたが、結局内部でまとまらすに流れた経緯があります。改めて、海外における自衛隊の武器使用を認める行為になるので、具体的な事態を設定して相手政府との連携のもと、しっかりとした手順が不可欠となります。さらにわが身の危険を晒すことになるので、保証の枠組みも再考すべしです。