教科書採択

妥協の産物と言えばその通りでしょう。教科書採択を巡って、竹富町が同地区で決まった教科書を採用しないことにつき、沖縄県教育委員会は同地区から竹富町を分離するとしました。双方の教科書の内容はよく存じませんが、法律の枠を超えて地域の主体性を重んじた県教委の判断は、これからいろいろな地域に波紋を投げかけることになりましょうこれも。