農協改革

TPP交渉が進行するにつれて、わが国の農業を総合的にチェンジしていく必要性が論じられております。特にメスを入れ大ナタを振わなければならない組織として、農協がやり玉に挙がっております。何よりこの組織は独占禁止法の適用を免れてきたことが、そもそもの間違えの出発点。そして優越的な地位をもって、農家に圧力をかける行為が横行しました。農業振興のために生まれ変われるか、真価が問われましょう。