てらこやネットワーク

地元でも子育て支援の一環として、学童保育の重要性が指摘されております。保育所を沢山作ったところで、小学生となった子供たちの放課後預かり場が絶対的に不足しているからです。横浜市は特に顕著になっていて、箱ものづくりの連鎖が続きます。何よりそこに配置される人材やボランティアの養成も急務。お寺での受け入れや、学生の活用も考えていきたいですね。