商店会活性化

地元の商店会が徐々にすたれていくという実感は、どこでも持たれるような時代を迎えました。事務所周辺にある商店会加入数も減少の一途を辿っておりますので、何とかせねばと奮起しているのが実情です。親しみのある商店会とはやはり地元住民とのつながりに他なりませんので、地域に対してどう向き合っていくのか、攻めの姿勢が問われましょう。