W杯終了

むかしダイヤモンドサッカーと言えば西ドイツブンデスリーグを中心に放映していたので、その当時の影響もあってどちらかと言えば、ドイツ贔屓になっていました。今回、見事に4度目の優勝を果たしてくれました。優勝賞金が35億円も出るなんて、さすが世界最高のスポーツ祭典であることを物語っております。ある意味、一カ月間も生活環境が缶詰状態になって各試合をこなすのですから、相当な重圧に耐えなければなりません。ドイツの強い国民性も反映するでしょうか、わが国日本チームの再起を見守っていきましょう。