東電賠償訴訟

原発事故により避難生活を余儀なくされた主婦の自殺の原因が東電にあったとして、福岡地裁の判決が確定しました。当時、避難生活で追い詰められて、うつ状態になってしまったご本人また、ご家族のご苦労は想像以上であったと思われます。しかし、これによって原発事故は人災であることを司法が立証し、また東電自身が認めたことになります。これを機に、あらゆるところから東電叩きに司法を利用する動きが活発化してきましょう。