独立賛成派過半数

ちょっと前のブログでも触れましたが、固唾を飲んで見守っていた方々も相当数いたことでしょう。この結果がヨーロッパ諸国のみならず全世界に飛び火し、思わぬ地域紛争の火種となったら収拾が着かない、という危機感も聞かれました。結果は、かろうじて過半数を上回ったに過ぎず、この問題の根深さがうかがえます。当然これで事態が収束すると考えるのは早計で、英政府からの譲歩が進むと思われます。一つの国としてまとまった方がベターであることの意義を問うていくこことなります。