定例掃除に学ぶ会

毎月第2火曜日の朝6時30分より、戸塚駅中心にボランティアの仲間たちと掃除の会を立ち上げて活動しております。単にゴミを拾うだけではなく、通常の清掃業務では目が届かない部分にも手をつけていこうと必死です。これをご覧ください。排水溝にはこれだけの心無いスモーカーさんたちが、吸殻を捨てています。詰まってなかなか、雨が降っても流れていかない状態。総合的には行政に伝えて、大掃除する必要がありますが、何よりモラルも高めていかねばなりません。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    小林 清 (木曜日, 13 11月 2014 10:01)

    ご苦労様です。
    私も愛煙家の一人ですが、同様喫煙家のモラルの低さというかモラルが無い!ことに腹立たしく思っている一人です。横浜駅周辺には何か所か喫煙所が設けられてますが、わざわざ区画されているのにも関わらず区画外の場所で「その周辺ならいいや」みたいな感覚なんでしょうね、喫煙している人が目立ちます。さらに目の前に灰皿もあるのに吸殻が下に落ちてるというありさま。あきれます。昨今このタバコ以外にもモラルの低さ、回りが見えていない人等々悲しい場面が多すぎます。人の温かみをいつから忘れてるんでしょうね。頑張れ水戸まさし!!