みんなの党解党

あまりにあっけない結末でありました。一時はブームとして、改革政党を舞台にのし上げてきたのに…。最大の誤算は、やはり渡辺前代表にまつわる政治資金の問題でした。尤も、その前に結いの党が結成されていましたので、あの時点から次は誰がという噂が流れていましたけれど…。気の毒なのは何より地方議員の方々でしょう。来春の統一地方選挙を控えていて、国会議員の論理で梯子を外されてしまったのですから。双方、まずは総選挙における動向を見極めていくことになりますね。