仏新聞社襲撃事件

まさにテロ事件以外の何物でもないことが、ここ1週間程度パリ市内で起こった。相手は完全武装をしている実行犯、こちらは丸腰の一般市民、まさに狂気の沙汰としか言えない。アルカイーダ系が深く関与し資金の提供も受けていたと言われているが、昨年からのイスラム国の出現が欧米諸国に直接的な実力行使に及んでいるので、徹底的に元も叩いておかなければならない。しかし一部の暴走が、イスラム教全体の排斥に繋がっていくことも懸念されます。善良なイスラム教市民まで敵視すれば益々宗教や民族の差別化とつながっていきますので、一定の防護柵も必要となります。仏政府の動向を見極めていきましょう。