トリウム原子炉と般若心境

県議時代の大先輩のお宅にお邪魔した際に、久々にトリウム原子炉のお話を拝聴することができました。民主党が政権交代をする前に、私自身も党内で私的な勉強会を作って、このトリウムに関する勉強を重ねてきた経緯があります。今新たに般若心経を唱えるご住職の論文の中にも、これからのエネルギー問題として、まさにこのトリウム溶融塩炉の活用を提唱しております。確かに、今までの原子施設でも「ふげん」とか「もんじゅ」とか名づけられていますね。宗教が科学の方向にもっと関心を寄せる必要性は十分ありです!