西川農相辞任劇

何かドタバタした中での辞任劇でした。昨日の予算委員会が終わるまでは平静さを保っていたものの、分かってもらえないのは遺憾といった捨て台詞をはいて辞めることに、多いなる反発がありましたね。おかげで予算委員会はまる一日吹っ飛び、予算案の年度内成立が日程的にかなり難しくなりそうです。絶対多数をもつことによる政権与党の増長が進めば進むほど、こうした落とし穴にはまっていく一つの事例となりました。