地元の寄席

助六会という後援会みたいなグループによって、毎年2回我が地元で寄席が開催されている。ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、助六師匠が地元出身とあって、ならば盛り上げていこうと既に10年以上前から、こうした活動が展開されている。会場は町内会館、即席の壇上をつくって座布団を敷き屏風を備えれば出来上がり、2000円の木戸銭を頂いて毎回満員御礼の盛況ぶりです。笑う門には福来りで、大いに笑ってもらいましょうね。