出生率の微増

朗報といえば朗報ですね。ほんの0.数パーセント程度ですが、出生率が1.4を上回ったのですから。しかし、人口を維持するためには2.07%以上必要だと言われておりますので、これに比べれば道は遠しですね。また都市部につき、東京はじめ近隣自治体の出生率が思わしくないのも気になるところ。もっとも、職住近接が望ましいライフスタイルならば、騒々しいところよりも緑豊かな環境に住まいを移したほうがベターでしょう。高齢者の移住も視野に入れた地方創生を進めるべしです。