橋下・安倍会談

昨日の夕方以降3時間にも亘って、わが党最高顧問の橋下氏と阿部総理が懇談したニュースが駆け巡りました。今までも幾度がこうした機会が設けられていましたが、4週間前に住民投票が行われてその結果も出ましたので、それに対する慰労を込めてとあります。安倍さんの悲願は何といっても憲法改正を現内閣で行いたいとの意向。そのためにはわが党の協力は欠かせないと思っているのでしょうあ。その前哨戦として安保関連法案がありますが、いずれにしても来年の参議院議員選挙をにらんで、憲法改正勢力を3分の2確保するために遮二無二にアプローチしてくるものと思われます。野党である立場と、野党ながらも政策を実現する立場との両立をどう図っていくべきか、わが党の存在意義が問われてくることと思われます。