新国立競技場

右往左往しているような状態です。新国立競技場の建設予算を巡って、堂々巡りが続いていますね。五輪招致が決定後、総工費3000億円についていろいろな批判が上がりましたので、かなりトーンダウンして1625億円としたのでした。しかし再見積もりをしたら、人件費や材料費が高騰していることもあって、2520億円にまで膨れ上がったのです。東京都に500億円負担させようという、文科大臣の腹積もりも空振りに終わりそうですね。到底都民の納得の得れるものではないでしょう。横浜市役所建設を巡っても、最初の思惑から大幅にはずれて総工費が急騰しております。何が何でもオリンピックに間に合わせるということが、そもそも市民感覚からズレているのですよ。