領域警備法案

テレビ入りした今日の特別委員会から、維新・民主の野党側も答弁席に立って、独自で出した案について質疑に応じることとなりました。安倍さんは好ましいスタイルであると一応評価しているようでしたが、それとは裏腹で絶対に野党の提案には耳を貸さない態度に終始していました。そもそも、この領域警備についての必要性は安倍内閣が出来る野党時代に自民党が俎上に上げたものであり、安倍内閣が仕切った安保懇談会でもその必要性が十分指摘されていただのです。それ以外のことについては踏み込みすぎなので、この案件については慎重姿勢を崩さない、そんな矛盾を目の当たりにするにつけ、やはり政府案は継ぎはぎだらけと言わざるを得ないでしょう。