与党単独採決

とうとう虎の尾を踏んでしまったな、という感ですね。時間切れなんていうスイッチをこの段階で何故押してしまったのか…。そうなんです、参議院は自公とも政府のグリップがきかない独自性がありますので、ややもすると衆議院とは違う態度を取るのでは、という疑念を拭い去ることが出来ません。ましてや来年の選挙もあることですし…。焦った衆議院側は60日ルールを使って、参議院を不要な存在に仕立て上げる算段でしょう。いずれにしても、本日付で参議i院にステージが移されました。荷崩れ法案で、来週はまったく音沙汰なしになります、それが与党が作った慣習とか。