巷の安保論議

今日と来週土曜日が盆踊りラッシュです。全部を回ろうなんて所詮できませんし、時折、議論が大好きな地域住民に引っかかるので、ある程度は時間を使ってしまいます。安保論議については、結構好きな方もいらして、それに酒も手伝ってテント内の来賓たちの口論の場に発展することも見受けられました。それほどまでに、国会の話題がある一部で浸透しているのかなという感です。政府原案が良いのか悪いのか、はっきり言って誰もよく理解されていません。しかし、身を守るか守れないか、その2者択一で与野党を分けて見られているという、お粗末な誤解ではたまりませんね。何とか少しでも誤解は解く必要あります。