長崎原爆

先日の広島に引き続き、長崎でも節目の70周年記念行事が行われた。今回は、非核三原則を明記して首相が平和への祈りを捧げたとありますが、まあ本人の頭の中には核武装も止む無しという思いがあるのでは、と訝る評論家もいたくらいです。いずれにしても終戦直後に受けた甚大な被害、唯一の被爆国として世界に発信していく義務があります。それに加えて、今日になってのあの原発による被害。この70年で2度にわたる放射能の脅威をもろに受けた国民として訴えることはかなり説得力があります。原発再稼働が確実視される中、この流れで仕方がないと本当に言って良いのか、今国会中でも詰めていくしかありません。