橋下新党構想

松野代表の記者会見でもあるように、まさに寝耳に水状態。突拍子もないことを言って発信力を増してきた本人からすると、いろいろ熟慮したということでしょうが、1週間ほど前会った段階ではこれほどまでに方向転換するとは誰も思っていなかったでしょう。むしろ党執行部に対しても、幹事長騒動を巡って現状を擁護するような形で橋下氏も一定の言動をしてきたので、辞めるか辞めないかにしても、早期に終息させることで一致していたのでした。維新の党を見限ったと言うより、自分が築いてきた大阪の流れと勢いを保持する為の手段として、新たなステージを作ったほうが分かりやすいという判断だと思われます。いずれにしても、松野さんはじめ執行部の冷静な判断と行動を求めていきたいですね。