党内融和

もちろん覆水盆に返らずではなくて、もう一度同じ鞘に戻すことは、勇気と英断が必要で会うことは言うまでもありません。しかし、このまま手をこまねいて、ハイそうですかと諦めてしまうのもいかがなものでしょうか。ダメかも知らないけれど最後まで結束させることを頑張ってみようという、そんな動きが、党内でもありますので、私もそれに賭けたいと思います。確かに大阪の地域事情を勘案すれば、知事・市長のダブル選挙勝利に向けて先鋭化したほうがベターという思惑もあります。しかし国政政党として、何より相手は巨大与党であるし、政権交代可能な野党を地道に作っていくためにも、まとまった方が良いことは誰も否定できないでしょう。