改悪「労働者派遣法」

衆議院で賛成多数で可決したものが参議院で若干手直しされ、また衆議院に戻ってきて採決されました。もちろん我が党は今回の改正には反対です。何故なら、派遣されて働く側の立場がしっかりと守れないからです。派遣社員を受け入れる側にとっては、社員が3年おきに代わってもずっとその職場は派遣社員のままで良いというようになりますので、都合が良いですね。一方、3年おきに職場を代えなければならない側がしっかり雇用を維持できるのか、まったく不透明。派遣社員のままで良いのか、正規社員に就きたいのか、この実情についてももっと幅広く把握する必要もあります。