いよいよ大詰め

週明けから最終ラウンドに入ったとされている安保法案の取り扱いを巡って、与野党の火花が散らされるでしょう。水曜日の地方公聴会が終われば、後は強行採決に及んでくるのは必至。もちろん原案の通り数で押し切ろうとすれば、参議院でも与党多数にてそれは成立することとなります。世論がこれをどう見るか、また昨今の財務省が提案した消費税論議についても、かなり批判が高まっておりますので、政権にはかなりの批判が寄せられてくるでしょう。その都度、自分たちのスタンスをしっかり示せること、これが野党にも当然求められるスタイルとなります。