軽減税率につき

今朝の朝刊を見ては~何となく納得という記事を目にしました。何故、今まで執拗に読売新聞は消費増税に伴う軽減税率について論じてきたのか、また、財務省の還付金制度をトコトン叩いていたのか。要は自分たち新聞業界についての軽減税率を適用させてもらいたい、ということを間接的に指摘していたのです、それもこうした紙面を通じて。ペンは最大の武器と化している以上、こうした論調も許容されてしまうことは中立性の観点からいかがでしょうと、素朴な疑問がわいてきますね。朝刊では、ごく当たり前と言わんばかりに、諸外国の事例を並び立てていますよ。