TPP大筋合意

これで良かったか否か、はっきり誰が見てもよく分からない結果となりましたTPP交渉。甘利大臣が夜を徹して頑張ったという映像だけが流され、結果的には日本が多くの譲歩を引き出したみたいな報道がされております。我が党も、TPP交渉には積極的に参加すべきであるという立場を取ってきましたので、今後はいかにダメージを少なくするかに全力を注いでいく必要があります。まさに日本農業は崖っぷちに立たされているので、補助政策も根本から見直さなければなりません。