保育士不足

先日の読売新聞の横浜版にて「保育士不足深刻、園長不在の園も多数」という内容の記事を目にしました。以前から指摘されてきたことですが、箱を作って何とか待機児童ゼロを目指そうとした保育行政の弊害が顕在化したのです。確かに親のニーズを満たすためにこうした政策を進めてきたのでしょうが、本体、子どもにとっての保育政策を踏み込んで追求してこなかった結果でしょう。益々、保育現場が劣化していくことへの対応策が求められます。