ミャンマー総選挙

アウンサンスーチー氏率いる国民民主連盟NLDが、単独過半数を制することが確実視されております。すでに氏自身は事実上勝利宣言をして、一方の与党連邦団結発展党USDPは敗北宣言をいたしました。しかし全てが確定するまでには1週間程度かかるようで、このまますんなり決まって欲しいという感がします。ミャンマーもいよいよ本格的な民主国家としての道のりを歩んでいくのかなという、そうであるならば政権交代した後のしっかりとした路線を明示する必要があります。期待と不安交じりの船出となるかも知れませんが、着実に進んでもらいたいです。