靖国神社のトイレ爆弾

何かことが起きると決まって悪乗りする輩がいる。パリの多発テロ事件を装ってこんなことを行うのは言語道断だが、しかし他山の石とすることなく、危機管理体制はいろいろな面で敷いていく必要はあろう。来年は伊勢志摩サミットが行われるので、まずは水際から外敵を防ぐ手立てを講じていくべきだ。一方、イスラム民族に対する過度の反応も避けなければならない。排斥運動なんていうことは起こらないであろうが、戦争や人権等についてもさらに教育レベルを上げていくしかないだろう。