党代表選挙

11月に行う予定であった党の代表を決める選挙が、改めて本日告示となりました。すでに2名の立候補者が名乗りを上げて、選挙戦の火ぶたが切って落とされております。多少の進め方の違いがありますが、両者とも野党再編の必要性を論じており、遅かれ早かれそれが実現できるような体制を組まなければなりません。確かに大阪ではダブル選挙勝利で湧いておりますが、それはそれとして国政の場における野党の立ち位置はしっかり国民に示さなければ、益々政権与党の思うがままになってしまうでしょう。党員皆さまにもその点はしっかり伝えていくつもりです。