軽減税率とインボイス

そもそも何のために消費税をアップするのか、それすら分からなくなってきている軽減税率の話。公明党に引っ張られて自民党がしぶしぶ呼応するような気配が漂っています。消費税の最大の欠点は逆進性といわれるもの、すなわち所得の再分配を果たすべき制度が、低所得者に対して相対的な税負担を大きくすることが問題なのです。ならば消費税をアップするならば、まずはこの点の解消を唱えなければなりません。しかし軽減税率は、どちらかと言えば所得が高くなればなる側に対して恩恵を与えてしまいますので、逆進性の緩和とかけ離れてしまいます。ましてやインボイスがあれば大丈夫なんて、そんな細部の問題を取り上げることはまさに主格転倒ですね。もう少し冴えた議論が不可欠でしょう。