民主との統一会派

野党再編の一里塚となるか。まず手始めに民主と維新が衆議院における統一会派を組むことが正式に決定しました。いきなり合併とはならないものの、手始めというニュアンスが強いようで、今後どんな紆余曲折があるか分かりません。もちろん与党からすれば、両党の意見が合わないテーマを敢えて提示してきて、会派における内部不統一を露呈させることも考えられます。そんな時、民主党内部は多数決の原理を持ち出して決着をつけるのか、さもなくば永遠と意見がまとまらずに物事が進展しないのか、前者を採って一歩でも前進できるよう体質改善を求めていきたいと思います。政治は何より決断が大事、野党第一党のマネジメント能力が試されるのです。