橋下市長引退

時代の風雲児であったことは間違えありません。颯爽と登場してきましたが、何故彼がこれだけの注目を集めるようになったのか。確かに表現力はコメンテーター時代に培ったものですし、また演説力は政治家になって以来、鍛錬を重ねてきた賜でしょう。一般大衆を魅了し、世論を引っ張る力もあの激しい発信力をもってして可能にしました。本人もよく口にしておりましたが、自分と何時間もひざを交えて話そうなんて思う人はいない、いるだけで疲れちゃうのが僕だから、等とうそぶいていたことが思い出されます。今後の身の振り方もやはり注目に値することになるでしょう。