あさが来た

NHK朝の連続ドラマ小説がかなり人気を博しているようなので、その前篇となった総集編を見てみました。主人公は知る人ぞ知る、あの大同生命創設者である人物です。金貸し業の家に嫁いだ主人公が、いろいろな商売を経験してさらに成長していく様をコミカルに描いております。確かに働く女性を盛り上げていこうとする、現在の政策にもマッチしているものとしてNHKが全面的にバックアップしているような気もしますが、やはり一生懸命に何事にも立ち向かっていく姿は多くの共感と感動を生むものです。後編を見る機会があれば見続けていければ良いのでしょうが難しいでしょうね。そうなったら、また年度末に総集編にアクセスしていきたいと思います。