波乱含みとなるのか?

今日は七草粥、この一年の無病息災を祈念して、かつてから行われてきた日本の良き伝統文化ですね。滅多に七草なんてお見受けすることはありませんが、こうしたものを受け継いでいく意義は大変大であると思います。ところで、北朝鮮の核実験に象徴されるが如く、やはり世界各地における紛争の火種となる動きが散見されます。中東は言うまでもなく、イスラム原理主義の蠢きが北アフリカにも波及しているなど、余談の許さない状況です。やはり世界唯一の被爆国である我が日本として、外交手段を通じて平和の尊さをさらに発信していかねばなりません。それにしても北朝鮮は理解不能な国であります。