軽井沢バス転落事故

急ではありましたが喫緊の課題として、あの観光バス転落事故について部門会議として当局に見解を問いただしました。所管はもちろん国交省や観光庁になるのですが、バスツアーについては多くの会社が介在していて、巷で言われている安全管理がどうであったのか、料金設定がどうであったのか等々、いろいろな問題点が露見しております。事故調査委員会なんぞ作って原因解明をやるのだという常套手段でありますが、これに半年も費やすなんて全く遅すぎますよね。実態については速やかに衆議院の予算委員会などでも質していくべきと考えます。